スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内臓の病気が原因で起こる腰痛とは

s-腰痛4



内臓の病気が原因で起こる腰痛とは
腰痛を引き起こす内臓の病気はいくつかあります。
胃や十二指腸、胆のう、すい臓などのさまざまな部位の
トラブルが腰痛を生じさせます。


腰痛として内臓疾患の影響が現れることは多いので、
痛みがひかない腰痛がある場合は内臓疾患を疑ってみるのが
良いかもしれません。


胃が正常に活動していないと腰痛を引き起こすことがあります。
腰の痛みのように感じていますが、胃潰瘍や胃の不調、
胃がんまで多くの胃のトラブルによって腰痛が起こります。


十二指腸の病気でも腰や背中に痛みを伴う場合があります。
腰痛以外に腹痛、みぞおちの傷み、胸やけ、食欲不振、
膨満感などがあります。
腹痛は空腹時に起こりやすく、食事をすると痛みが
おさまるのも特徴です。


腎臓は背中側に位置しているため、異常をきたすと
腰痛を引き起こすことがあります。
腎臓は血液の老廃物を除去する働きがありますから、
腎臓が正常に働かなくなると毒素が体内にたまってしまい
尿毒症になってしまいます。


このように、内臓の病気が原因の腰痛という場合も
ありますので、痛みが継続する場合は専門機関や
医療機関で相談・受診することをおすすめいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。