腰痛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内臓の病気が原因で起こる腰痛とは

s-腰痛4



内臓の病気が原因で起こる腰痛とは
腰痛を引き起こす内臓の病気はいくつかあります。
胃や十二指腸、胆のう、すい臓などのさまざまな部位の
トラブルが腰痛を生じさせます。


腰痛として内臓疾患の影響が現れることは多いので、
痛みがひかない腰痛がある場合は内臓疾患を疑ってみるのが
良いかもしれません。


胃が正常に活動していないと腰痛を引き起こすことがあります。
腰の痛みのように感じていますが、胃潰瘍や胃の不調、
胃がんまで多くの胃のトラブルによって腰痛が起こります。


十二指腸の病気でも腰や背中に痛みを伴う場合があります。
腰痛以外に腹痛、みぞおちの傷み、胸やけ、食欲不振、
膨満感などがあります。
腹痛は空腹時に起こりやすく、食事をすると痛みが
おさまるのも特徴です。


腎臓は背中側に位置しているため、異常をきたすと
腰痛を引き起こすことがあります。
腎臓は血液の老廃物を除去する働きがありますから、
腎臓が正常に働かなくなると毒素が体内にたまってしまい
尿毒症になってしまいます。


このように、内臓の病気が原因の腰痛という場合も
ありますので、痛みが継続する場合は専門機関や
医療機関で相談・受診することをおすすめいたします。
スポンサーサイト

女性の腰痛について

s-腰痛3


女性の腰痛について
女性で腰痛に悩まされている方は多いのではないでしょうか。


女性は生理、妊娠、出産、産前産後などの身体の急激な変化から
腰痛持ちになることが多いと言われています。


女性は身体の変化に伴って分泌されるホルモンの種類や
量が異なります。
急激な変化を遂げることにより腰痛が起こりやすくなると
言われています。


生理中、または生理前後に腰痛に悩まされている方は
多いのではないでしょうか。
生理中は腰痛だけではなくイライラ感や腹痛などの
別の症状もでてきます。


そんな状態のうえにさらに腰痛が加わるので、
専門機関で相談されたり、薬を処方してもらっている方も
いるようです。


薬の他に、リラックス方法も痛みを和らげるひとつに
なるかも知れません。


妊娠中は普段分泌されるものとは別の種類のホルモンが
あります。


特に後期になると出産しやすくなるように、
身体を緩めるホルモンの分泌と、
お腹が大きくなっていくので腰痛が起こりやすくなります。


腰痛持ちの方は出産時に注意が必要です。
骨盤矯正ベルトなどをうまく利用して出産に
望むといいでしょう。


また出産直後も無理が生じて腰痛を悪化させてしまう
場合があります。
赤ちゃんを抱っこしたり、出産での大きが負担が残っていたり
するためです。


更年期になると、体の骨がもろくなってしまう「骨粗しょう症」にも
気をつける必要があります。
骨がもろくなってしまうことで骨が折れてしまったり、
腰痛が出てしまったりすることがあります。


女性の腰痛は症状に応じて痛みの大きさも人ぞれぞれです。
心配なことがあったら医療機関などで相談されることをお勧めします。

男性の腰痛について

腰痛2



男性の腰痛について
男性で腰痛に悩まされている方は多いのではないでしょうか。


男性の場合肉体労働をされる方が多く、
重いものを持ったり身体を無理に動かしたりするようなことも
あるのでぎっくり腰など急な激痛で悩まれた経験もあるのでは
ないでしょうか。


現代社会ではパソコンに向かい合うデスクワークの仕事も増えて
きました。
長時間同じ姿勢を続けることにより腰に負担がかかり、
腰痛が悪化してしまった会社員の方も少なくありません。


男性には喫煙者が多く、タバコに含まれるニコチンが腰を
冷やしてしまうために腰痛で悩まれている方もいるようです。
腰痛を治すには禁煙が一番効果的だそうです。


腰痛の症状の原因が仕事にある場合、転職など環境を変えないと
腰痛の予防策が見つからないのが現状のようです。
仕事を続けたい場合は腰への負担が減るように工夫して
仕事に取り組む必要があります。


腰に負担のかからない作業を行ったり、腰痛予防のベルトや
コルセットを着用するといいでしょう。
デスクワークの場合はまめに姿勢を変えたり、軽いストレッチ
を取り入れることをおすすめします。


中年層になると生活習慣病を発症する可能性も出てくるでしょう。
肥満の傾向になる男性も増え、腰痛だけではなくいろいろな病気を
併発しやすくなります。


肥満気味かと感じたらダイエットをするのが一番効果的です。
食生活の見直しや運動などで腰痛の軽減につなげましょう。


腰痛がいつまでも続くようでしたら、一度医療機関に
かかってみるもの良いかと思います。

腰痛の原因とは?

s-腰痛1



腰痛の原因とは?
腰痛で悩まれている方は多いと思います。


腰痛の原因は筋肉の疲労や炎症から起こっていると言われています。
筋肉の少ない女性や高年齢の人に起こりやすいです。


世間一般によく知られる腰痛ですが、慢性の腰痛などは現在でも
医学的に原因がはっきり分かっていない場合があります。


腰痛になりやすい原因として、デスクワークを長時間同じ姿勢で
行っている方や、肉体労働をされている方です。
また、腰痛といっても痛みがでる場所は腰だけとは限りません。
足や臀部に痛みが及ぶこともあります。


それほどひどくない腰痛でも地味な痛みが続くため、
集中力を奪うことがあります。
ひどい症状の場合は骨や筋肉などに問題があったり、
内臓疾患が原因の場合もあります。
腰痛を甘く考えてしまうのは危険です。


レントゲンや血液検査でも異常がなく、神経学的に問題がないにも
関わらず腰痛を引き起こしている方もたくさんいらしゃいます。


腰痛は傷んでいる場所を特定することが難しい場合があります。
ただ、腰痛は生命に関わるということはありません。
ですが腰痛が起こるということは身体がなんらかのサインを
出していますので、生活習慣の中で腰痛を引き起こしている
原因がないかどうか自分なりに見直してみましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。